加齢臭とはどんなもの?

夫の臭いを無臭にするならこの石鹸です↓↓↓

夫の臭い原因「加齢臭」ってどんなものなの?

加齢臭

40歳をすぎて、夫が臭くなってきたという経験がある女性は、たぶん私だけではなく世の中にたくさんいると思うんですよね。

 

よく「朝起きたら、夫の枕から異臭がする」なんていうことも耳にしますし、やはり耳の後ろのほうから据えたような臭いが発せられているんでしょうね。

 

我が家では「薬用柿渋エチケットソーププレミアム」のおかげで、かなり臭いが気にならなくなりましたが、そもそもこの臭いはどういうものなのか気になっていました。

 

この臭い、「加齢臭」と呼ばれるもので、別名「エイジングノート」と言われるそうです。

 

不飽和アルデヒドであるノネナールが原因となって発せられている中高年特有の体臭。

 

昔から「おやじ臭い」と言われる原因はこれにあったわけですが、一般に広く知られるようになったのは、2000年12月11日、資生堂の研究所が発表してからとのことです。

 

「おやじくさい」と言われるだけ合って、中年男性だけのものと思われがちなのですが、実は女性からも加齢臭はでるのです。「おばちゃん臭い」と呼ばれることもあるってことですね。

 

では、この加齢臭がでてくる原因というのは何なんでしょうか?

 

一番大きな原因は食生活の変化だと考えられています。

 

和食中心だったものが、戦後洋食の割合が多くなってきて動物性脂肪を大量にとるようになったせいだということです。この動物性脂肪が体内で酸化してしまうことで、体臭として現れてくるそうです。

 

そして、体臭としてでてくる引き金になるのが、タバコやお酒、ストレスなんだとか。

 

食生活を和食中心にして、タバコをやめて、お酒をひかえて、ストレスのない生活をおくれば加齢臭の心配はないということですね。

 

でも、実際はかなり難しいことなので、石鹸などを利用して臭いを消していくのが最も現実的なんだと思います。