アトピー性皮膚炎と温泉

アトピー性皮膚炎を温泉で治療する理由

温泉

みんなの肌潤糖で肌状態がよくなってくると同時に、一気に根治に向けての対策をとったほうが良いと考えます。

 

例えば、毎日の運動を積極的に行ったり、体を温めて体温を上げる行為をどんどんやっていくということですね。

 

アトピーの状態がよくないときは、汗をかくとそのせいで痒みもひどくなりますが、軽快するとそれもマシになってきますよね。ですから、運動などで体温をあげることで免疫力をアップさせるチャンスだということです。

 

「体温が1度下がると免疫力は30%低下する」

 

と言われますので、逆に考えると体温が一度上がると免疫力は30%アップするわけで、ここに着目するのはアトピーやアレルギーを根治させるための肝だと思うのです。

 

その一環として、温泉につかるというのも良い方法だと思うのです。

 

また、アトピーの原因の一つと言われる肌の表面にある黄色ブドウ球菌も、酸性の温泉によって殺菌することが出来ますので、硫黄水素泉や硫化水素の温泉はアトピーにも効果があるのですね。

 

また、これらのイオン化した成分が体内に入り込むことで、皮膚組織も正常な状態に整えていってくれます。

 

旅行で温泉に行くという場合は、酸性の温泉を選んでアトピー治療同時に行ってみてはいかがでしょうか。

 

北海道の豊富温泉の黄褐色の湯はアトピーに良いということで有名ですし、皮膚炎の治療に使われる草津温泉も良いでしょう。

 

経済的にも時間的にも余裕があるならば、数日間腰をすえてここで湯治するというのもおすすめします。都会から離れた静かなところで過ごすことでアトピーが軽快したということはよくあります。

 

ストレスから解放されて、ゆったりした時間を感じながらリラックスできるのも温泉の良さですから、ぜひ一考してみてください。